スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
批評もぐもぐ咀嚼→レベルアップ音
◆『砂漠に降る花』(王道恋愛ファンタジー・異世界召喚モノ)本日分更新完了。
第三章(16)エールの視線→邪魔者が勝手に消え、第一王子と再び2ショットになった主人公。王子サイドから見た主人公へのほんのりラブ。

 * * *

昨日はモノカキ仲間さんと、いろいろおしゃべりで楽しみました。

楽しみつつも……ずっと引っかかってたのが、あの疑問。


 『キャラの深みとは、どうやって出せばいいのか?』


これ、自分だけでは、絶対に気づかなかったと思います。
というか、批評サイトさんで言われただけでは、「なんでだろーなんでだろー♪」(←懐メロ)とは思っても、うまく飲み込めなかった。

実際、心の中は言い訳でいっぱい。

「だって、本当は掌編書くつもりだったんだもん!」
「別に、キャラのこと考えてないわけじゃないんだからねっ!」
「長くなりすぎちゃったから、デレクターズカットしただけっ!」

そんで。

「別に、手直しとか全然要らないやー。あははーん」
「これが好きって言ってくれる人が1人でも居りゃ、アタイ満足だよっ」

しかーも。

「そのうち腕が上がって、賞に出すくらいになったら考えりゃいいや」(←また棚の上に)

なんて……。

アホでした。

ゴーマンかましてました。

実際、そーやってごまかそうとしても、批評サイトさんで言われたことは、心に刺さって抜けない棘のようで。
めいっぱい悩んで、モノカキ仲間さんにも相談にのってもらって。(感謝です!)
他にも、いろんな方のご感想をヒントにさせてもらって。

「ああ、なるほど。それが読者の目線ってやつか!」

……開眼しました。

思わず、歌いました。

心から好きだよ~キャーラー♪
だーきーしーめたーいー♪

(AQの開眼物語)


今までは、自分の頭にフワリと現れたキャラを、てきとーに転がすだけで終わってた。
推敲してても、気にしたのは文章のマチガイとか、言い回しとか、ストーリーに破綻が無いかだけ。

キャラ1人1人の内面、掘り下げが全然足りてなかった。
そう思った瞬間。

「……いや、所詮シロートのヤッツケ作品だからね」

そんな言い訳が、心の南極大陸(妙に冷めてる部分)の穴から、ひょこっと顔を出して……。
飢餓感いっぱいの自分、「バウワウ!」と叫んで噛み付こうとして……。

その穴に、引きずりこまれました。(←アンコ……ううっ。涙)


暗い暗い穴の中には、泣いているキャラたちの姿が。

「俺(私)、もっとこんなことしたかったんだよっ!」
「なんでもっと活躍させてくれないんだよっ!」

(上の台詞、オードリー春日風に読んでください)

「いや、まあそれはいいんですけどね……ところで、次回の作品ですが」(←若林風スルー)

でも、しつこくしつこく春日がボケてくるんです。
無視しても、無視しても。

ついには、自分もこう言ってました。

「オレ、そんなにお前らのこと嫌いじゃねーよ」

「「えへへへー♪」」


……ん?

漫才がズレるように、自分の日記もズレてってる?(←上手いこと言った風)

とにかく、キャラ墓場の怨念みたいなのを確認したんですよ。
そんで、一番怨念強かったキャラについては、『ベタ甘ラブコメ』というお題をくれた方のご意見もあり、軽く救い上げてみました。

そしたら、話がすごーく引き締まって……。
たったの数行で、こうも変わるんだって、ビックリ。

自分の中に、確かにレベルアップ音が聞こえたんですよ。

レベル2→3になった程度かもしれないけれど。
いやー、良い体験ができました。


ということで……長くなりましたが、最初に批評いただいた方やら、コメントいただいた皆さんに、心から感謝!

これからも、怨念バスターしつつ、ガンバリマスっ!


◆『アルファポリス』さんのblogカテゴリに登録してみました。

(↑1日1クリックしていただけると、このアホネタ駄文も筆が乗るかも?)

スポンサーサイト

テーマ:物書きのひとりごと - ジャンル:小説・文学

[2009/05/31 02:12 ] | ヒトリゴト・雑記(アホ) | コメント(0) | トラックバック(0)
小説批評サイト潜入で、難しさ実感
◆『砂漠に降る花』(王道恋愛ファンタジー・異世界召喚モノ)本日分更新完了。
第三章(15)魔女の狙った獲物→魔女の呪い謎解き、どろんどろんの人間模様になっていき……結局第三王子最強ということに。

 * * *

こーこではないーどーこーかーへとー♪

荒波覚悟で、船出してみました。

 『小説批評サイト』

という場所へ!

かなり、勇気出しました。
この骨無しチキンな自分が、ついに「スパイシー味」へと変わった瞬間でした。

とにかく、自分が知りたかったのは、

 『文章作法的に問題がないか』

でした。

初めてモジモジ君バージョン作ってみたら、苦しかったのが文字の強調。
今までは、この日記の通り、句点で改行、3~4行で空行、目立たせたい一文の前後も空行……

文字ビッチリバージョンだと、いったいどこで改行すれば良いのやら?
目立たせたい一文も、空行作らないと「おはよー」みたいな普通の会話と混じっちゃうし。

悩んだ結果、どうしても目に留めて欲しいとこだけ、さりげなく空行入れることにしました。

「いざ出陣っ!」

今回出してみた武将は、昨日UPしたベタ甘ラブコメ作品です。
さあ、どんな風にディスられるのか……

と思ったら。

なんか、意外と感想……もらえない……?

勇ましく士気上げて行軍したものの、敵さんどこー?みたいな……。

オカシイなと思って、アチコチ調べてみました。
そしたら、しくみが分かった。

どうやら、感想もらえるかどうかの段階で「作者さんのアピール」も大事っぽい。

毎日わんさかわんさか作品投稿されて、全部見てらんないし、何人もから評価されてる作品に目が行くって、当然です。
どうやら他の作者さんは、作品評価したり、掲示板やチャットやらに出入りして、しっかりコミュニケーション取っているらしいのです。

いきなりピョンッと飛び込んだウサギさんは、この戦場には居ないものとしてスルー。

ここでは、自分からちょっかい出して、戦って(相手して)もらわなきゃイカンなと。

まずは、自分が他の方の作品を評価するって手段に。
そこでは、作者さん同士の相互評価も全然アリなんです。

ただ、自分初投稿のチキンだし、常連さんに得点アリの評価つけるのけっこうプレッシャーで……。
同じく「新人でーす」と言ってる方に、ちょこっと感想書かせてもらったんですが。

なんか、それじゃダメかもと……。
自分のスキルアップが目的だったはずなのに、なんかズレてってる感じで。
どーしよ……。

とりあえず、掲示板の方にも、当たり障りない話題の選んで2~3個レス。
あまり交流しちゃうと、そこの方を好きになって、クールな感想のやり取りができなくなりそうなので、ほんのりとね。

そんで、ちょっと時間置いたら、知らない方からご評価いただけました。

ヤター!
ウーレスィー♪

知りたかった文法上のことは、案外問題無かったみたいで、ホッ。
逆に、突っ込まれたのは、別のところ。

 『主人公に魅力が足りない』

思わず「あちゃー……」と死語を呟きました。

困った。
参った。

まさに想定外のツッコミでした。

自分の持ち味、完全にキャラだと思ってたんで、顔の中心部がポッキリ。
気づいたら、ニョキニョキ伸びてたんですね、アレが。

ということで、悩み悩み、MIYA&YAMI……改稿してみました。
一度「デキター!パーペキ!」と思ったものを、ヒトサマの意見で手直しするって初めてなので、かなり苦戦。

その結果、主人公と相手の出会い回想シーンを盛り込んでみました。
なんか、ハチクロの森田先輩とはぐちゃんの出会いみたいになっちゃったけど……。
ベタなツンデレキャラにも、ツンになる理由があったら違うかなとか……。

いや、良い勉強になりました。

その後、別の方から普通に”キャラOK”という評価もいただいたのですが、やはり厳しい意見とは自分を成長させるものですね。

(そのサイトさんだと、しばらくしたら投稿作消えちゃうので、辛い評価もコピペしておかねば……)

とりあえず、長編終わったら、またトライしてみようと思います。

どなたかから批評をいただくということは、作品だけでなく、個人としての人間性や日ごろのコミュニケーションをも問われるものだなと実感しました。

またBECK(音楽マンガ)エディの名言を思い出しつつ……。


◆『アルファポリス』さんのblogカテゴリに登録してみました。

(↑1日1クリックしていただけると、このアホネタ駄文も筆が乗るかも?)

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

[2009/05/30 03:53 ] | 小説書くときの悩み | コメント(4) | トラックバック(0)
ラブコメ短編の悩み……改行のこと。
◆『砂漠に降る花』(王道恋愛ファンタジー・異世界召喚モノ)本日分更新完了。
第三章(14)暴かれた魔女の正体→とりあえず王子も主人公も治療して、魔女の呪い謎解きお茶会スタート。

 * * *

思い立ったが吉日ということで、初ラブコメ短編をモノカキ仲間さんに読んでいただきました。

ドタバタ学園モノ……というシチュエーションだけでは、話を転がすのが難しかったので、謎解きっぽい要素を取り入れて。

気がついたらノリノリで、かなりの枚数に……orz
あまりに書いてて楽しくて、おかげで長編……またストップ!ひばりくんです。(←古い)

本当の本当に、これで短編しばらくストップ!ひば(以下略)


ところで。
昨日ケータイ小説について、ちょっと考えてたんですけど。

逆に、今私が書いてるのって、プロの作家さんからすると違うんだろーなと思ったんですよ。
前から参考にさせてもらってた、オンノベの書き方講座コンテンツがあるサイトさんとか見てると、やっぱ改行少ないんですよねー。

もう、完全にモジモジ君。(←古いpart2)

でも、小説家になろうさんも、ブログの方も、ケータイから閲覧してる方が2~3割はいらっさるんですよ。
あのプロっぽい、改行無くビッチリのバージョン、読みにくいだろうなと思ってしまった。

『あたし

あなたが

好き』

みたいなのばっかり読んでる方には、なおさらね。

試しに、文字びっちりバージョンも作ってみたんですが……。
ありゃ完全に”慣れ”の問題ですね。
ビッチリでずっと追ってくと、自分の目線が変わってくんですよ。

そっちに慣れてる、よりプロ志向の方から「てめーの作品は小説じゃねえ!」と、ケータイ小説さんが言われるようなツッコミ受けたら、切ないなと思ってしまった。
でも自分的には、ケータイ読者さんにも気をつかいたい。

うーん……。

自分の立ち位置というか、目指すモノを、もうちょっと考えなきゃなー。
ま、今の連載は、今くらいのスカスカ度でやってこうと思いますが。

とにかく、今の長編書いちゃってからだな。

小難しいことはまた後日。よいしょっと。(←棚の上に置いた)


※上記の短編、別ハンドルで批評サイトに出してみようと思ってます。
あー、怖っ。もちろん、文字ビッチリバージョンで……。


◆『アルファポリス』さんのblogカテゴリに登録してみました。

(↑1日1クリックしていただけると、このアホネタ駄文も筆が乗るかも?)

テーマ:物書きのひとりごと - ジャンル:小説・文学

[2009/05/29 03:27 ] | 小説書くときの悩み | コメント(0) | トラックバック(0)
本物のケータイ小説に……衝撃。
◆『砂漠に降る花』(王道恋愛ファンタジー・異世界召喚モノ)本日分更新完了。
第三章(13)光の乙女の祈り→ツーショットデート中、突然倒れた第一王子を救うべく、主人公キラキラパワー爆発。

 * * *

昨日、モノカキ友達Sさんに、素敵なお題をちょうだいしました。
こうやって、ヒトサマにリクエストしてもらうなんて、生まれて初めてです。

わしゃあ……幸せじゃぁ……。(←死の淵)

いただいたお題は、


 『ベタ甘なラブコメ!』


はい、素晴らしく……難解なお題です。

ヤッベ!
書いたことねー!

と思ったら、風邪菌パワーで案外……。
正統派のラブコメとはちょい違うかもしれませんが、イイカンジの楽しい話が書けましたっ。

ヤター♪
ヤタヨー♪

この話で、自分の考えるラブ話の”定番スタイル”が見えたって感じです。
うまく行けば続編も書けちゃうかもってくらい、自分的にお気に入り短編になりました。

(とかいって、書いた直後だからかなー。後で読み返すと違うんだよな……真夜中のラブレター的な、ちょっと香ばしい今の自分……)


それでですねー。
先日言ってた『DV弁当』と合わせて、ケータイ小説サイトにでも投稿してみよかなと思ったんですよ。

やっぱり自分、正しい描写が苦手なのです。
人の姿形とか、その人の視界に入る風景とか、1つのしぐさでいろんなことを伝えるのとか……。

実はちょっと前に、モノカキ友達さんと交流してて、『目指すべき目標』について考えさせられたんですよね。

例えば、ある程度の長さの小説を完結させて、立派な賞にせっせと応募してる方とか、すごいカッコイイんですよ。
要は『プロになりたい』って思うかどうか。

対して、この自分……

最初は、自己満足100%。
そのうち読者さんが現れて、自分:読者さん=50:50(byミポリン)に。

んじゃ、その次は?
今は長編完結が目標だけど、日々思うのは、自分のスキルアップ。

現在、ストーリーと会話のテンポ、あとはキャラが動くってのが、自分の武器だなという自己評価です。
やっぱ”立派な賞”を目指すには武器も基本能力も足り無すぎ。

ちびっ子の頃妄想してた、SF短編の癖なのかなー。
ストーリー進行最優先になってしまうのは、あくまでSFだから許されるんだって、いまさら気づきました。

とにかく、もっと辛口評価うけて、レベルアップしていかなきゃという焦りが発生。

レベルアップの具体的な目標として『立派な賞』があるなら、頑張ってみたい気持ちはあります。
書き方教室とか行ってみて、描写の勉強をしたら、ちょっとは違うかも……とか。

※実は学生時代、文学の選択授業でちょろっと受けたんですが、先生の評価ボロクソでした。
しかし、長文読解してあらすじをまとめるって課題だけは花丸もらって……複雑。


ということで、ぐるぐる考えた結果。

今のまんまでいいや~。
勉強めんどくせ~。
描写無いと楽チンだし~。
あはは~ん。

と思った自分(←ダメ人間)、いっちょケータイ小説でも書いてみっかなと。

実はまったくと言って良いほど読んだことのなかった、ケータイ小説サイトってのを、チラ見してみたんです。

……。

……。

……衝撃でした。

一部の『プロを目指す』方から、批判受けてる理由が良く分かった。
最先端の日本語活用事例が、盛りだくさんで。

、。が無くてOKとか。
ポエム10個繋がって『10章完結』みたいな。

あれがスタンダードなら、自分の小説、完全にアウトローです。
例えば、DV弁当を、スタンダードな(?)ケータイ小説風に書き直すなら、こーなる。


『あたし

20才

かれし

28才

なまえはアキラ

オトナなとこ

大好きだった

プロポーズされて

いっしょに住んだの

いつもいっしょで

うれしかった

でもさいきん

ケンカばっかり

どーしたらいいのかな』

(これで、第一章終了)


こんなんばっかじゃないとは思うけどさ。
仰々しい『ケータイ小説ナントカ賞』って作品がこんな感じで、ガツンと衝撃うけましたよ。

10万年生きてるワガハイも、これはさすがに……(←デーモン閣下風)

やっぱ、立派な賞の方向へ進むべく、小説の書き方教室でも探すかな……。


◆『アルファポリス』さんのblogカテゴリに登録してみました。

(↑1日1クリックしていただけると、このアホネタ駄文も筆が乗るかも?)

テーマ:ケータイ小説 - ジャンル:携帯電話・PHS

[2009/05/28 23:37 ] | 小説書くときの悩み | コメント(0) | トラックバック(0)
脱スランプで、短編書いてみた……が。
◆『砂漠に降る花』(王道恋愛ファンタジー・異世界召喚モノ)本日分更新完了。
第三章(12)エールの苦悩→王子3人+姫の、秘密のお茶会で、主人公第一王子のご指名でツーショットへ。ネルトン展開かと思いきや……。

 * * *

すごく筆がのる法則を発見しました!

それは……


 『風邪を引く』


です!

別のモノカキさんも、そんなこと言ってたよーな?(笑)


なんか熱っぽいなー、今日は仕事さぼってゆっくりするっぺ!と思ってたら……指先に神様が降りてきました。

あのスランプなんだっタンスか!

という感じです。
ちゃま語使っちゃうくらい、脳みそ溶けてますが、それくらいじゃなきゃ創作活動はできないのかも。

マトモな作品書くならえーんのんやけどね……。

具体的には、長編の方を3話分と、短編1個書きましたよ。
短編は、書いてて本当に……どーしようと思いました。

なんだこりゃ……
だめだこりゃ……

書いたのは、あの……、アレです。


 『ドメスティック・バイオレンス弁当』


しかも、ケータイ小説風味。

……ね?

もう「なんだそりゃ?」って設定じゃないですか。


要素としては、こんな感じ。

・ベース(お米):シリアスな社会問題であるDV
・メイン(から揚げ):ピュアな恋愛
・サイド(ポテトサラダ):ブラックコメディ
・彩り(ケチャップスパ):弁当の食べ方
・付け合せ(漬物):ハッピーエンド

こんなケータイ小説……どーなんだろ。

需要、限りなくゼロカロリーのニホイ。


とりあえず、モノカキさんにちょろっと読んでいただいて、手直しするとこあれば直してからUPしたいと思います。

本当に、内容がイマイチ過ぎて、普通に投稿できないんす……。
全ての具が中途半端な、幕の内弁当みたいな。

「そんで、一番食べさせたいオカズななんなの?」的な。

暇でしょーがないから読んでみたい、それで人生の10分くらい損しても悔い無し、という方は、いつでも言ってください。


◆『アルファポリス』さんのblogカテゴリに登録してみました。

(↑1日1クリックしていただけると、このアホネタ駄文も筆が乗るかも?)

テーマ:ケータイ小説 - ジャンル:携帯電話・PHS

[2009/05/27 23:47 ] | 小説書くときの悩み | コメント(0) | トラックバック(0)
| ホーム | 次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。