スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
必見☆これが電撃LL必勝法だ!(by黒詐欺)
おはようじょ☆
皆さま、三連休はどんな感じでしたでしょうか?
アタイはですねー、

 『めさめさリア充!』

いつもなら、「たまの休みくらいは」部屋でまったり過ごすところですが。(←重大な詐称アリ
三日ともみっちり外へ出て、紫外線浴びてきましたよ……びくびく。
その間、物書きさん系オフもあったのです。

が、それについてはおいおい……

おいおい……

 『誰かがレポ書いてくれるはず☆』

ひーと任せ~♪
ひーと任せ~♪
ひーとーまーかーせ~♪

『風まかせ』って、これも昭和なのかにゃ?
→ウィキ様に聞いてみました。

『風まかせ 新・諸国漫遊記
ジャンル 紀行番組
放送時間 毎週土曜 12:00 - 13:00(60分)
放送期間 1990年10月20日 - 2000年3月25日』

ふぃー、良かった。
若者たちも、きっとこの歌を人生で一度くらいは歌ったことがあるに違いない。
と、平成ベビーが幅を利かせ始める昨今、だんだん肩身が狭くなる、寂しい昭和ガールであります。

一つだけ言いたいことが。
カラオケでド忘れしてしまった、『芸人さんでカラオケ百点取ったひと』は、エハラマサヒロ氏でしたw
「あのヤノアキコさんのモノマネとかする、ムカツク系のひとー」という程度しか情報が出てこないとは、マイ脳細胞シナプス終わってる感。orz

あ、もう一個。
ゲーセンで『伝染るんです』のストラップガチャガチャを発見したのです。

 「しいたけ! スズメ! もしくはかえる!」

と念じたら、見事かえるをゲット☆
この三つで、もっともフツーの(=誰からも趣味がバレにくい)キャラが出た……これは何を暗示するのだろうか。
できるだけ『フツーの人』として見られた方がいい、ということかっ?

だが、とりあえずこの場では、大きな声で言いたい。

 「かえるのくせにハワイ……!」(←分かる方はニヤニヤしてください

以上、前説チュンチュン☆

掌編熱が高じた結果、ついに例のラノベ掌編を某所にアップしてしまいました。
結果は、今のところぼちぼちの上々であります。
読んでくださった皆様、ありがとー♪ 愛してるぉっ(* ̄┏Д┓ ̄*)ノ

しかし、評価していただいた方には、あざといくらいに配置した、

 『ようじょたん萌え!』

をお楽しみいただけたかどうかが、評価の分かれ目になった気がします。

 「みんな、もっと萌えようぜッ☆」

ずっとこのブログで、「萌えより燃えダヨネー」と呟いていた人間とは思えません。
アタイ、一皮むけたYO!

しかし、大きな宿題は残ったままなのです。
それは、『萌え』描写を増やすほど、ストーリーがスカスカになっていくこと。

やっぱり、掌編を読んで「面白い」と思うポイントって、ストーリーとオチなんですよね。
それがしっかりできた上で、かわいこちゃん愛でたいわけで。
2000字の中で、作者の激しい葛藤が見える……そんな作品であります。

悶々むらむらする中、昨日ついったーで軽く呟いたことがありまして。(以下転載)

<その1>
遅ればせながら、掌編読んでいただいた皆さまサンキューもろきゅー☆ けど「これどこ面白がればええのん?」な方、その感性はきっと正しいかと。なぜなら自分も、つい数日前までこの手の作品が「どこ面白がればry」と思ってたんで……「べ、別に某○んを意識してるわけぢゃなry

<その2>
真面目に自己分析すると、「ラノベっぽい設定を面白がれるか?」というあたりでしょうか。ぶっちゃけメインは単なるキャラ紹介、ストーリーは味付け程度なので、キャラのやりとりそのもののポップさを好ましく思うかで、かなりの足切りが発生しそうですな。

<その3>
今まで掌編の面白さバロメーターを、「読書前→読後で、どのくらい心が動いたか?」と見ていて、完全にオチ偏重傾向だったんだけど、今回はまったく違う切り口にしてみたので不安でした。ちなみに電撃LLは、アクア的分析からすると……うーむ、長くなりそう&オレ論うざいので、続きはブログにて☆

ということで、24Hたってしまいましたが(←深読みしちゃダメ☆)、その続きです。

「いったいどんな作品書いたら、LL通るねん?」

もちろん一個人の考えることなので、話半分で聞いてくださいまし。
電撃LLの過去作品はひととおり読んで、選評も目を通した人間ですが。
ぶっちゃけ、

 『カテエラは無い』

という印象であります。
もちろん、過激すぎるネタ、ブンガク過ぎる文体、乙女チック少女系など、極端な例は除いてね。

たぶんこれ、電撃大賞の傾向とも一緒なんぢゃないかなぁ。
「どんなジャンルでもOKだけど、一応読者は中高生の男子が多いですよー、そこにウケるの書いてねー」って感じ?

あともう一個、掌編と長編に通じる共通項みたいなものが。

 「物語として破たんしていたら、ダメ」

当たり前の話なんだけど、長さに限らず『文字数制限』がある場合は、けっこうな割合でこの破たんが起こります。
掌編の場合は、たいてい文字数キツキツで、ストーリー意味不明とか。orz
削りまくったら、ストーリーどころかニホンゴも怪しくなってたとか。orz

 「あるあるあるある~♪」(←根強く残る昭和ボケ

そこらが原因で、一次落ちみたいなのが発生してると思うんですよね。
そーゆーのを無くすには、某所みたいなとこ利用して、他人の目でチェックしてもらうのはアリ。

自分も、比喩スキーだから、未だに文章では基本的な失敗をするわけさー。
でも書きあげた直後とか、どこがヘンなのか、自分じゃ気付けないのさー。
話としてちゃんと伝わるか……そこらを人にアドバイスしてもらうのって、大事なことだと思う。

では、一次通過できたと過程しましょう。
その先まで進むために必要な要素っていうと、もう

 『面白さ』

です。以上!(キリッ

……で終わったら、石投げられますな。
ちょっと具体例出しつつ、考えてみませう。

面白さって、まぢ人それぞれで、編集さんによっても変わるので、定義はデキンのです。
ただ長編と違って、「世界観もストーリーもキャラも、全部イイ」みたいな評価を狙うのは、難しいと思う。
上でもぶつぶつ言ったけど、どっか『ウリ』を作って、他の要素を捨てるくらいの潔さが大事かなぁって思います。

例えば、こないだの電撃ML優勝したあきひろさんの作品『タイムマシンで恩返し』について、こんなことを考えてみる。

 『もしあの博士が、萌え美少女だったら?』

たぶん、そーとー余計な情報になっちゃう。
読んでても、せっかくのトリックに集中しにくくなるだろーしね。

当然、上でぶつぶつ言ってるよーに、文字数的にもキケン。
まず、美少女であることを伝える描写入れなきゃだし。
となると、『ウリ』であるストーリーが圧迫されるし。

もしそのウリを『キャラ』にしてみたら?
というのが、今回アタイがやってみた作品なのですが、現時点ではストーリーを完全に捨てることもできず、中途半端状態です。

ストーリーを捨てたといえば、電撃MLだと永田さんの『プリン作品』(4位)でしょうか。
個人的にビックリしたのが、この作品、

 『描写のほとんどを捨ててる』

のですよっ。
プリンを巡って争う二人が、何者なのか全く出てこない!
なのに、『ツンデレ美少女×ヘタレ平凡少年』という構図が浮かぶし、セリフ回しだけでキャラの表情まで浮かぶ……。

結局電撃LLというか、掌編のキモってコレなんだと思うのさ。

 『削った部分を、いかに読者さまの想像で補完してもらえるか?』

読者さんにイメージしてもらえる話なら、掌編も長編に変わるんですよ。
いや、掌編も短編に……くらいかw

※このあたりを直球で狙ってみたのも、今回の習作。
あのラスト、読者さんにというより、編集さんにウケるかどうか全く分からないんだけどね。
読者さん的には、そんなに悪くないっぽいけど、王道なオチぢゃないことは確か。

王道オチといえば、アタイと同じ12回のLL最優秀、夜早さんの『サクラサク』ですな。
ワンシーン+意外な一文。
王道ミスリードモノは、某所でも大人気のジャンルだし、狙いやすいと思う。

ただ、ミスリードモノって、一回似たようなの読んでしまうと、使い古されたネタに見えちゃう。
男女・生死・擬人化とかね。
「なのに面白い」と思えるくらいの文章技術とか、魅力的なキャラが欲しいところ。

ちなみに、アタイが受賞させてもらったのは、『短編の高密度圧縮』ってやり方でした。
ストーリー重視なんだけど、他の要素も捨ててない、イイトコドリ。
起承転結の四シーン、ボーイミーツガール、キャラそこそこ、オチ転がし。

今思い出しても、破たん寸前だなぁと思うくらいキツキツ。
非常に苦しいので、あまりオススメはできないけど、破たんせずに仕上がれば強いかもしんない。
(軽く破たんしてたのが、MLの方に出した作品……暗いテーマだし、想像広げてもらいにくく、結果あらすじチックに。orz)

あとは『深く考えさせる、余韻が残るエンド』みたいなのも、強いと思う。
例を出すと、あきひろさんの『ささやかすぎる贈り物』あたり?
奇をてらわないキャラ、等身大の共感できるストーリーを、ワンエピソードで綺麗に伝えられたら強いかなぁ。

この方法の弱点は、物語としてのインパクトが弱いってことでしょうか。
一般系に近くなるし、大人しい作品に見えてしまう。
だから、エピソード選びは大事ですな。

受験とか初恋とか、読者さんに近い題材を選ぶとイイと思う。
パパ目線の息子愛を描いた、MLのゆうまさん『変身ヒーロー作品』(5位)は、やっぱ読者層的にカテエラだった気が……。
(アタイは一番好きなんだけどね~)

長くなったので、簡単にまとめますと。

・作品として破たんなく(大前提)
・読者層を考えて(中高生男子を主人公にすると無難)
・ウリを決めて
・オチを決める

うーん、普通のことしか言ってない。orz

 「もっと具体的に面白い掌編書く方法教えろやゴルァ!」

と怒られそうだけど、

 「んなことアタイだって知りたいっちゅーの! むぎゅっ!」

まあ次は、アタイがどんな風に掌編作ってるか、なんて話をしてみようかなと思います。
かなりテキトーなので、ほとんど参考にならないだろーけどなっ。

んぢゃ、次回お会いできる日が来れば……(* ̄┏Д┓ ̄*)ノシ サヨナライツカ


人気ブログランキング 小説(その他)部門へ投票・一日一回 にほんブログ村 小説ブログへ投票・一日一回にほんブログ村
(↑ブログランキングに登録してみました。更新ガンバルぞー。クリック歓迎♪)
スポンサーサイト

テーマ:物書きのひとりごと - ジャンル:小説・文学

[2010/09/22 09:37 ] | 公募関係のネタ(ボツ含む) | コメント(2) | トラックバック(0)
またラノベ掌編書いちった……
おはようごじゃります。
秋風邪は、一進ニ退。
鼻水一センチ垂れて、ぢゅるっとすすったら、今度は二センチ垂れる……そんな感じです。(←汚い

今週末からグッと寒くなるらしいので、すでにおこた&どてらの用意は万端であります。
本当は、夏のうちにヨガでインナーマッスル鍛えて、冷え対策をと思ったのにぃ。
今年も(いろんな意味で)寒い冬になりそうです。しょぼーん。(´・┏Д┓・`)

さて、報告です。

ルルル用長編が、ちぃーっとも進みません。
まぢ、書いては消し書いては消し。orz

筆が乗れば、一日50枚くらい書けるんだけど、ギャグスイッチにより超絶加速する現在のアタイ。
少女系としては、むしろその加速が致命傷であります。
そーいや、ギャグ成分多めの少女小説とか、あまりイメージできないなぁ。

(氷室冴子先生のザ・チェンジとか、ジャパネスクの峰男君とか、藤本センセのマリナシリーズの一部とか……古いのちょぴっとしか思い浮かばん)

しかも、アタイのギャグ=『ややシモ』だから、始末におえん。
ファンタジー世界で、下水道整ってなくて、あちこち旅したらやっぱおトイレ描写とかさぁ……もにょ。

 「シリアス少女小説の主人公乙女は、霞を食べて生きているのだ!」

なーんて、華麗にスルーしてしまえば良いものを、ついそっち方面へ引っ張ってしまう。
都市に下水道を引くべく尽力した、『おトイレジャンヌ』とかいうキャラ作っても、誰得ですよ。

(もうちょっとR系加工して、美少女○んこに持ち込めば、あるいは……いえ、なんでもありません)

で、もにょったときには、全く違う作品書くに限る!
これがアクア式、スランプ脱出法(=逃げ)です。

例のブンガク掌編で、「やっぱ掌編イイナー」と思ってたので、もう一個掌編書いてみました。
どーせだし、お布団の中でケータイしこしこっと。
そしたら、仕上がったのが……

 『ザ・ラノベ』

ですよ!

あんだけブツブツ「書けない書けない」言って、卒業宣言したくせにさぁ。
小一時間で、つるつるっと書けちった。えへ☆
しかも、今まで書いた掌編で、一二を争うお気に入りになりました。

内容は、電撃LLの新しいお題『ミレニアム』を使ったんだけどね。
せっかくだから、また応募してみよかな……。
でもどっちかというと、電撃LLで腕試しっちゅーよりは、「ピュアな読者目線でどうか?」というあたりを知りたい。

だって今回の作品、いわゆる『テンプレどたばたコメディ』なんだもんw
もうド苦手で、プロ作品ですら「合わねー。お約束すぐる。冷める」とけちょんけちょんに言ったジャンル。
(あっ、ゴメンナサイ、石投げないでっ!)

だからこそ、楽しく書けたことが予想外だった……。
アタイ、もしかしたら、

 『リアルつんでれ』

だったのかもっ?(←

この作品が、もしフツーの読者さんにも「面白い」って評価もらえたら、やっぱ自分『ラノベ』書いてもいいのかなぁって思えそう。
「どっかで見たキャラ」による「お約束展開」なうえに、やっぱ「駆け足」だから、決して評価が高い気はしないんだけどさ。

それでも、「作者さんが楽しんで書いたことが分かる」って言ってもらえたら、満足。
さらに、「お約束だけど萌えた」とか「面白かったw」って言ってもらえたら、鼻血。

とはいえ、某所に出すのはアレがナニなので、ちょっと何日か置いてから考えよ。

……さ、この勢いで、ガガガ用仕上げるかっ!(ぇ


人気ブログランキング 小説(その他)部門へ投票・一日一回 にほんブログ村 小説ブログへ投票・一日一回にほんブログ村
(↑ブログランキングに登録してみました。更新ガンバルぞー。クリック歓迎♪)

テーマ:物書きのひとりごと - ジャンル:小説・文学

[2010/09/19 07:40 ] | 公募関係のネタ(ボツ含む) | コメント(6) | トラックバック(0)
掌編完成、短編そこそこ、長編鬱……
ワンバンコです。
秋風邪……はおさまってきたけど、代わりに秋風と世間の目が冷たくなってきた、今日この頃。
皆さまいかがお過ごしでしょうか?

自分は、早起きしてマックで過ごしてます。
マックのフィレオフィッシュの『タルタル』が大好きでねぇ。
朝マックなら、ドリンクSとセットで、今だけ200円なのです。

東京砂漠の朝のマックには、いろんな人間模様が広がっております。
今日なんて、大学生らしき男女四人組が、キャッキャウフフな青春してました。
店内には、ぐったり寝てる(たぶん終電逃した系の)おっさんOLさんもいるのに、

 「えー、うそー、やだー、ありえなーい☆」

みたいな絶叫が、凶器でした。
アイポッド大音量の隙間からも、容赦なく入り込んでくる、ドルビーな声なのです。
アタイは思いました。

 「キミらみたいなグループが、安易に肝試しとかしてザクザク殺されるホラーを書くぜぐへへ……!」

次の瞬間、「そう思った自分が怖いぉ……」と反省し、彼らに心の中で謝っておきました。

以上、前説です。えへ☆

最近、いろいろ書いてはボツにしてます。
やさぐれべるも急上昇。

イメージはあるのに、上手く言葉にできないのです。

 嬉しくて……
 嬉しくて……
 言葉にry

別に嬉しくは無い。(むしろ空しい)

最初に書いた、お題『万華鏡』の掌編は、手こずったけどなんとか完成。
今度、仲間内にだけ披露する予定でつ。
(ネット掲載は、たぶん来年あたり……)

掌編はしこしこ……ではなく、そこそこ得意なアタイが、手でこすっ……ではなく、手こずった理由は、

 『初めて、ブンガクっぽいのを書いてみた!』

からです。

<アクア的に思う、ブンガクの特徴(レッテル)>

・ストーリーはほぼ無い(掌編ならワンシーン)
・主人公の独白がメイン(基本ウジウジ。「~だった」「~思った」羅列)
・ささいな動作で始まり、(空を見上げたら雨かよ。鬱だぜ……とか)
・ささいな動作で終わる。(悩んでるうちに晴れたよ。スッキリ……とか)
・キャラは、あくまで「リアルに絶対いる」感じ。(ツンデレは無い)
・ちょっと方言とか使っちゃう。(リアル感アップ)
・斬新な比喩を、嫌みにならない範囲で使う。(みずみずしい個性風に)

軽く思いついただけで、こんな感じ?
しかし、今回の大問題は、お題ですよ。

「万華鏡拾ったー。中見たー。キレー。あ、これ呪いアイテム……? アタイ死んだ。(了)」

みたいな話ぢゃダメなんです。
(上のは、あくまで例文だよ! こんな話さすがにアタイだって書かなry)

正解は、

 『万華鏡』のような、多面性のあるキャラを書け。

なのです。

「ショウウィンドウ~♪」という、某ホラー系歌謡曲(岩崎宏美さんの万華鏡。名曲)が、頭ぐるぐるになった昭和ガールであります。
あんな世界、なかなか描けんとです……。

しかもそれを、原稿用紙5枚で!
かなり無茶なのですが、頑張りました。
まあどんな風に仕上がったかは、半年後のお楽しみということで☆

次に、短編書きました。
来月のホラー対決用に、原稿用紙35枚程度のを……というのは、前回の日記で話した通りなのですが。

一回目→アホギャグ(50枚オーバー)
二回目→ホラー風ギャグ(45枚)
三回目→ギャグホラー(40枚)

ほらほら、だんだんホラーになってきてる!
とはいえ、未だギャグの域を脱出できずにもがいてますが。
今回は、得意の(?)カニバリングに逃げずに、頑張って王道幽霊系にチャレンジ! と思ったけど、書いてみたらビックリ。

 「幽霊の存在が、むしろギャグ!」

ひぃぃぃぃ……。

例えば、某サダコとか、典型的な幽霊キャラをイメージしましょう。
そいつらをノベライズしようと思っても、描写力が足りないと、全部ギャグになるんだぉー。
具体的に言えば、

 テレビの国からこんにちは☆
 最近前髪伸び過ぎて、ウザイんだよねー。
 え、顔色悪い? ファンデ変えたせいかもぉ。
 しかしほふく前進、まぢ疲れるわ……。

みたいな?

……すみません。
恥ずかし過ぎて、ギャグデフォルメしてしまいました。orz
これをリアルに「怖そうに」書こうとすると、書いた端から黒歴史状態になります。

やっぱホラーも、少女小説と一緒やね。
怖い本読んで、怖い語彙増やさないとダメぢゃ。
とりあえず、ストーリーはこれでいいので、もう5枚削りながら怖い語彙探しの旅にでます。

で、問題の長編は……。
一回冒頭30枚くらい書いて、ボツにして、そのまんまでつ。
主人公のキャラが、イマイチ書いてて楽しくないのさ。

一番気に入った、シャーレンブレンのキャラを「ラノベと少女系のギリギリライン」と考えて、大人しく大人しく……。
そしたら、一番苦手な「普通の主人公」になってもーた。orz

ファンタジーでフィクションってことは、良く分かってるのです。
しかも、なるべく等身大の少女が好まれるってことも。
でも「普通の子が冒険して、成長し……ねーだろ」と思ってさぁ。

普通の子っていうのは、「冒険イイナー」と妄想しながら、何もせずおこたで煎餅なんか食べてて、世界が滅びるときにはアワワーと焦って、寝まきでお外飛び出したらそこに隕石落ちて、真っ先に死ぬのです。(←丸っきり自分自身投影)
あと、なんだかんだイケメソに守ってもらうだけ、という展開も好きくない。

なので、自分好みのキャラ(強い&ぷちフェンタイ)で、再出発しようかなと。
すると……なんということでしょう!
今度はフェンタイが行き過ぎて、小中学生にお見せできないような行為をし始め……もにょもにょ。

たぶん「ストレス」による、一時的な反動だと思うのです。うん。

……。
……。

もうアタイ、ルルル(ピュア)→ガガガ(フェンタイ歓迎)にシフトするべきだろーか。
とりあえず、書くだけ書いてから考えるるる……。(´・┏Д┓・`)


人気ブログランキング 小説(その他)部門へ投票・一日一回 にほんブログ村 小説ブログへ投票・一日一回にほんブログ村
(↑ブログランキングに登録してみました。更新ガンバルぞー。クリック歓迎♪)

テーマ:ヒトリゴト - ジャンル:小説・文学

[2010/09/16 20:57 ] | 小説のネタ帳(ボツ含む) | コメント(2) | トラックバック(0)
風邪に引かれて書いた小説ヤバイ
ぢゅーるりらーぢゅるりらー♪
風邪にー引かれてー♪

風邪に引かれるって、なんか変ぢゃね?

ということで、ワンバンコです。
台風と共に、秋風邪第一号も我が家を通過中。
昨日まで、冬のもこもこフリース引っ張り出して、お布団三枚かけて寝てました。
うちにあるカッコン系の風邪薬、めちゃ眠くなるのです。

しかし今日の昼間、あまりの暑さに目が覚めた。
この激しい気温変化に、変温動物のアタイは耐えられん。
暑いのはまだいいんだけど、寒い方は無理!

 「こんなとき、アタイを包んで温めてくれる、ア・イ・ツ」(←おコタ)

えー……話を戻しましょう。
熱出たときって、前からそーなんだけど、なぜかしぴつ意欲が湧くのです。
きっと、無いものねだりのアイウォンチュー(byCCB)なんだと思う。

書いていいよーと用意されるともにょるけど、いざそれを取り上げられると惜しくなる。
なんてワガママ☆ガール!(←ツッコミ歓迎

そういえば、うちの猫も昨日はアタイの顔の脇で寝てたけど、今日はまた暑くなったからリビングに行ってもーた。
もぅ、ワガママなんだからぁ……えへへ♪

なんて、さりげない(?)猫自慢はさておき。
とにかく、しぴつしたくなったのは良いことなので、陰鬱な気分のままに「ホラー」を書いてみました。
三行プロットだけは出来てたのを、ちょちょいっとね。

書いては力尽きて眠り、起きたら書く……のを何度かループしてたら、ある程度のボリュームになってた。
さっきまとめて計算したら、

 「50枚(転の途中まで)」

でした。orz

うぉぉぉーー!

枚数制限、今回は35枚ぃぃぃーー!!

……しかも、ヤバイのはそれだけぢゃなかったのです。

・主人公、キャラ180度変わってる!(内気ダメ系→男気溢れる不良風)
・相方、性別変わってる!(男子→女子)
・相方、容姿も激変!(地味キャラ→美少女眼鏡っ娘)
・当然、主人公も相方にラブ☆(←冒頭ではウザがっている男子ですよ?)
・しかし、隣の席の女子が当て馬アタック☆(←名無し女子から、突然名前付きの委員長キャラに)
・主人公が揺れてる間に、相方謎の失踪!(←ようやくホラーの幕開け)
・その後、クラスメイトが次々死亡&全員に死亡フラグ!(←長編化の原因。最後は面倒になったのか、複数単位で事故らせる)
・なぜか後半、髭のオッサンキャラが、主人公を食う感じで大活躍してる!(←言わずもがな)

……。

自分、そーとーアホです。
プロットと一緒なの、主人公の名前だけやん……。orz

当然、丸っとボツにしましたよ。
面白いから、このまま完結させてみたいというヨコシマな気持ちも浮かんだけど、

 「そんな暇はねぇ」

のです。

まあ今回の収穫は、ケータイでも長編書けそうだなーってことくらいでしょうか。
だいぶ指の動きが滑らかになってきて、入力ミスは減ってきたし。

とはいえ、やっぱパソコンは便利だにゃー。
でもパソコン開くと、なぜか眠くなる呪いが……にゃむにゃむ。


人気ブログランキング 小説(その他)部門へ投票・一日一回 にほんブログ村 小説ブログへ投票・一日一回にほんブログ村
(↑ブログランキングに登録してみました。更新ガンバルぞー。クリック歓迎♪)

テーマ:ヒトリゴト - ジャンル:小説・文学

[2010/09/11 23:22 ] | 小説のネタ帳(ボツ含む) | コメント(2) | トラックバック(0)
ラノベ読み読み、凹み凹み
ワンバンコです。
久々に、まともな時間のブログ更新……。

今日は台風だったので、大人しくラノベを読んで過ごしました。
ようやく涼しくなってきたし、本当ならシコシコしぴつしたいところだったんだけど……。

 『(また)スランプに!』

ダーメー人間♪
あらわるあらわるー♪

まぢ今年の夏はダメだ……。orz
長時間パソコン画面見てると、偏頭痛がしてくるんだにゃ。

こんなとき、

 「べっ、別にアンタが頭痛(ry」

なんて、そっぽを向きながら、お薬を差し出してくれるメイドさんが欲しいでつ。
そんな便利なキャラはいないので、自分で一人二役してみたら、空しさ倍増でした。
皆さんも、どうぞご注意ください。(←

ルルルの締め切りも迫ってるんだけど、なんとなくまだ余裕のヨッチャン。(←昭和
規定の下限が低いっちゅーのが、その理由であります。
まあ150枚くらいなら、一週間もあればナントカ……もにょもにょ。

アウトプット(しぴつ)できないときこそ、インプットするのらー。
ということで、その後読んだラノベ。

・電撃「ブギーポップは笑わない」
・ファミ通「空色パンデミック」
・ルルル「シャーレンブレン2」
・ビーズログ「海が愛したボニーブランシェ」

一部ネタバレありの辛口感想したので、追記の方に入れておきました。
ご興味がある方はぜし。(←江戸っ子

とにかく、シャーレンブレンが面白いのです。
一巻目である程度スッキリなラストだっただけに、「続編出すとしたらどーやって?」と思ったら、こーきたか。
読者目線で感激するというよりは、作り手目線でただただ「上手い!」という感じ。

……あまり褒めまくると凹むので、この辺で。

積ん読は5冊まで、というマイルールを決めました。
在庫2冊になったところで3冊追加、という感じでザクザク読み進めてるっす。

本日購入。

・コバルト「そして花嫁は恋を知る」
・ビーンズ「紅玉の契約」

少女系は、読めば読むだけ描写の勉強になるので便利☆
しばらく少年向けラノベ(特にコメディ系)は中断するのです。
ただ、バトルシーンが軽く入りそうだから、その辺は榊センセあたりの上手な方からいただいて、と……。

 「よよ読んでも、かか書くとき、おお応用できないんだな……」

うーん、やっぱ実力不足。orz
付け焼刃ってバレるんだよにゃー。
文章の稚拙さを、どこまで内容でカバーできるか……

 「自信無し!」(キリッ

唯一、キャラだけはナントカ、と思ってたのに、シャーレンブレン見たら超ゴメンナサイ状態だしっ。
まあ、それが自分の実力なんだけどね……(´・┏Д┓・`)ショボーン

とにかく、コバルトロマン(評価シート全プレ☆)目指しての改稿前提で、今回は当たって砕けてみまするー。


人気ブログランキング 小説(その他)部門へ投票・一日一回 にほんブログ村 小説ブログへ投票・一日一回にほんブログ村
(↑ブログランキングに登録してみました。更新ガンバルぞー。クリック歓迎♪)
続きを読む

テーマ:読書 - ジャンル:小説・文学

[2010/09/08 20:32 ] | 好きな本の紹介 | コメント(2) | トラックバック(0)
| ホーム | 次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。