スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
オンノベ読者から、オンノベ書きへ
◆『砂漠に降る花』(王道恋愛ファンタジー・異世界召喚モノ)本日分更新完了。
第三章(6)国王と魔女→今回は、主人公のプロポーズ大作戦1人目、国王さまとの甘ラブ話です。

 * * *

ちょっと前に、某SNSさんで話題になったのが、好きなオンノベさんの話。
自分、小説書き始めるきっかけは、オンノベを読み漁ったことでした。

「小説家になりたい!」なんてことを思ったのは、高校生のとき。
ほんの一瞬でした。
まさに青春の象徴。

当時は、FKディックリスペクトで、書いてたモノもインスパイアされまくった短編妄想SFでした。

力作(当社比)を、うっかり友人に見せたら、

「日本に星○一はもう要らない」

と言われ、ちょっぴり泣きました。

でも、良く考えたらソイツ、自分のこと嫌いだったんだと思う。
チラッと見てポイ。
もちろん「こうしたらいいよ」とか、全然無かったし。

「短編SF書いたら、皆星先生になっちまうんかい!」という突っ込みもありましたが、グッと堪えました。

その後、見事陰鬱な高校ライフ脱出して、楽しい大学&社会人生活へ。
普通の人と同じように、本からはザーッと離れてった。
音楽も、映画も、テレビも、仕事に関係無いもの全部捨てたっけ。
(マンガだけは捨てられず……あ、スポーツは最初からやってません)

でも、体壊しちゃってね。
思い切って会社辞めたのです。

お分かりのとおり、マンガ喫茶大好きな自分。
休日はマンガ読みまくってストレス解消してたんだけど、働かざるものマンガ読むべからず。

マンガー……マンガー……と、さまようよろい的に部屋をうろうろしてました。
そしたら、たまたま無料のWEB漫画という存在を知って。

「そんな便利なモノが!」

と、読んでみたら……まあ、読みにくいこと。
内容はさておき、ボリュームがね。
やっぱ、笑って泣かせる長編が読みたいなと。

そしたら、小説があるじゃあーりませんか!

図書館でなんか本借りるって手もあったけど、うちから電車乗らないといけない距離だったので、とりあえずオンノベさん読み漁りはじめました。

最初は、口コミ掲示板とかで「感動できる長編作品」ってオススメされてるやつをチョイス。
そしたら、いきなり出会っちゃったのが、自分の運命を変える作品でした。(←大げさ?)

miniature gardenさんの『それでも朝日は昇る』です。
http://miniature.sakura.ne.jp/

ワーッ!と泣いて、3日くらい思い出してはぼんやりして。
そっから、もうちょいハッピーな話を次々と読んでいって。

やっぱ、文章上手な方っているものです。
戀愛私小説さん(一部R指定アリ)の『かみつくもじ』とか、いいなーと思ったり。
http://r.flop.jp/RIn/

でも、文章下手でも、それを補う魅力をもった作品が多数ありました。
(お気に入り全部、パソコンクラッシュで消えてもーた……orz)

例えるなら、BOAちゃんと真野恵里菜ちゃんの違いのようなものでしょうか。
今やってるCMの、リズム感ないにもほどがあるだろうというダンスとか、目が釘付けになりますよ……(←褒めてる)

話反れましたが。

文章下手でも、頑張ってコツコツ長編書いてる作家さんに、グッと心惹かれた自分。
特に、ストーリー展開スピードが適度な話がいいなと。

逆に上手くても、舞台の背景説明が難しすぎたり、話がなかなか進まないのは、ちょっと……。
(そのうち休止とか、最悪です。悲しすぎる~)

とにかく、オンノベだったら、文章力よりストーリー展開だなと思ったのです。

さくさく進むストーリーと、定期更新でそれなりに読み応えのある文章量。
勇者と思った恋愛小説『吾亦紅』さんは、その条件ピッタリでした。
http://ameblo.jp/obana-hana/

そして、ついには「じ、自分もイイっすか?」という状態になりましたとさ。


皆さんも、好きなオンノベ作品ありますか?

※上記ご紹介作品は、全部リンクフリーorリンクのご挨拶済みサイトさんです。

◆『アルファポリス』さんのblogカテゴリに登録してみました。

(↑1日1クリックしていただけると、このアホネタ駄文も筆が乗るかも?)

テーマ:物書きのひとりごと - ジャンル:小説・文学

[2009/05/21 20:59 ] | 好きなオンノベ作品紹介 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<ネーミングの妙(アホ) | ホーム | ちょっとした自慢話(アホ)>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://aqstory.blog85.fc2.com/tb.php/1-7f2634ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。