スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
小説を思いつくタイミング
◆『うちのお兄ちゃんを紹介します』(青春ラブコメ)本日分更新完了。
まんまとミスコンに出場した“アリス”に、優奈の怒りが爆発する……。最後の台詞は、ツンデレ妹好きサンには大好評です。

 * * *

最近の日記ですが、冒頭『お兄ちゃん』の後書き状態になっております。
今回の連載では、恒例のウザい後書きを書いていないので、言い訳したくてむらむ……じゃなくて、むずむずしてしまうため。失敬失敬。

今日アップした分は、この話最大の山場でした。
しかし「こんなに早く山場が来ていーんだろーか?」という疑問が。
たぶんこれが、長編病ってヤツなのでしょう。
書いても書いても終わらないくらいがちょうどいい感じに……orz
掌編が書けなくなるわけですわ。

特に今回、最後に主人公が叫んでいる決め台詞(?)があるのですが、そこがこの話の原点でした。
ツンデレ妹にぴったりの台詞ってなんじゃろー、と。(←こういう口調がキモ兄っぽい。元ネタは「ジャロってなんじゃろ」です。アイラブ昭和CM)

そういうのを考えるのが楽しいです。
たいていは、思いついたワンシーンから物語がむらむ……むくむくと膨らんでいきます。
そんな脳内オオギリで出てきたのが、キモ兄のTシャツロゴです。

 『字面はカッコイイのに、変な英語ってなんじゃろ?』

という……。

正解は、『Francisco Xavier』(ふらんしすこ・ざびえる)なのですが。

たぶんこういうのが「独りよがり」ってやつなのでしょう……。
この感性にフィットしてくれる方、一緒にトゥギャザーしようぜっ☆

さて、この流れに乗っかって、小説の発案について少し。
自分が小説を書くとき、ネタはたいてい、おトイレで出てきます。
むりむりっと。
もしくは、じょろじょろっと。(失礼!)

長編の場合は、タイトルのとおり『砂漠に降るハナ』が出て来ました。
なんとなーく、現代版かぐや姫っぽい逆ハー風の小説が書きたいなと思って。
いや、その時は「書きたいな」じゃなくて、「読みたいな」だったかも……。

「かぐや姫は竹から生まれたっていうけど、本当は異世界から落っこちてきたのではないか?」

という、まさに中二なイメージです。
その一点から、まさかここまで長い話になるとは、露ほども思わず。
人生って、不思議なものですね。(←ひばりラブ)

掌編の場合は、思いついたオチに対して、前フリを軽く書いてオシマイ。
かなり楽チンです。
なのに、いろいろ設定を思いついちゃうから、もう最近は掌編スランプです。

こないだの電撃LL作品も、結局大幅文字数オーバーでアウト。
原稿用紙5枚のはずが、15枚になったら、もう削れないです。
もしやるなら、誰かにチェックしてもらって、ひとおもいにザクッとやってもらうしかない。
自分でやろうとすると、書いた文章に対する未練があって、どーしてもダメなんですよね。

その15枚の短編は、そのうちしっかり推敲してアップしますねー。

なんか、何書いてるかわかんなくなってきたので、今日のところはこの辺で。



(↑今さらながら、FC2さんのランキングをくっつけてみる……クリック歓迎♪)

テーマ:物書きのひとりごと - ジャンル:小説・文学

[2009/11/05 21:53 ] | 小説のネタ帳(ボツ含む) | コメント(0) | トラックバック(0)
<<サッポロ一番、電話は二番(意味無し) | ホーム | モノが捨てられません。>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://aqstory.blog85.fc2.com/tb.php/149-a4e87fd7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。