スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
ヒトサマの小説に感想を書くということ(感想談義まとめ)
コンバンハ。
GW企画の感想書きも、そろそろ終盤。
現在70/100で、残すところあと3日です。

……が、頑張ればイケるかな?
あまりラストが駆け足にならないように、今日明日である程度進めたいところです。

 「この感想書きが終わったら、俺トイレ行くんだ……」(←漏れフラグ)

と、ちょいシモオヤジなジョークはさておき。
先日良い子のFさんからいただいた、情熱的ならぶれたー(?)にお答えする形で、もう一回『感想』というものを考えてみよかなと思います。

Fさんは感想を書くのが苦手……自分もそうでした。
国語の時間の『読書感想文』なんて、もう苦手もイイトコロ。
(そーいや、中学生くらいまでは国語そのものが苦手だったなあ……一番得意なの数学。アリエン。orz)

本格的に読書を始めたのは、高校生になってから。
もちろんそれまでも本は大好きで読んでたんだけど、いわゆる児童文学ばっかりね。

ガンバの冒険、ドリトル先生、シートン動物記。
この三つがテッパンです。
ちなみに、小学三年生のときに『クトゥルー』を読んでしまい……ホラー嫌いに。orz

高校生になったら、なぜか新潮ハヤカワの海外ノベルズにハマりました。
どれくらいかというと、授業中も休日も、ほぼ読書に費やすくらい。
(成績がどれくらい下がったかは、言うまでもありません。orz)

もしその頃ネット環境にあったら、たぶん書評ブログなんてやってたかな。
あと……黒歴史間違い無しな小説をアップしてたと思うです。

アブネー!
あの頃の作品を思い出すと、部屋の端から端まで、何往復でもゴロゴロ転がれるぜっ!

なんて話はさておき。
とにかく、アタイをドキドキさせてくれた海外作品のことを思い出すと、今でも自然と『感想』が書きたくなります。
FKディック先生と、クライブカッスラー先生が、自分的ベストですね。
時給550円で毎日バイト2時間入れて、お給料日は全部本に……。

……で、話がトビマストビマス。

社会人になったら、本なんて読んでる暇ねーのです。
せいぜい通勤電車の中で日経新聞とモーニング読むのが精一杯。
休日はマンガ喫茶にヒキコモリました。

体調崩して社会人やめてから、ネット小説にハマります。
一年くらいはいろんな有名サイトさん回って、長編(基本完結済)ばっかり読んでた。
でも……

 「感想なんて一回も書きませんでした」

あー、面白かった。
さっ、次の作品どれにしよかな。

みたいな感じで。
文章作法なんて、一切見て無かったし。
とにかく主人公に共感できて、ストーリーにワクワクさせてもらえたらOK。

きっと今読んだら、途中で断念するような作品も、けっこうキッチリ読んでたなぁ。
特に異世界召喚モノは、『女子高生異世界召喚図書館』さんでザクザク漁った。
(でも、自分にジャスト! って作品にぶつからず……結果、オンノベ書きの道へ進んだわけです。orz)

感想を意識し始めたのは、やっぱり某研究所さんに出入りするようになってから。
それも、自分が感想を書きたいというよりは、感想をもらってスキルアップしたいという苔の一念でした。
しかし、サイトのルール的に感想書かなきゃいけない……。

どーしよう。
どーしよう。

としばらく悩んでロムしてました。
それがちょうど一年前ですな。

雰囲気掴んで、感想無理やり書き始めたのが、五月末。
最初は見よう見まねでしたねぇ。
読んだところで「面白かった」「ふつう」「面白くなかった」くらいしか言葉が出て来ないし。
そこから「なぜそう思ったのか?」と掘り下げて、なんとか数行……。

というのを一年近く繰り返して、気付いたら書いた感想の数、そーとーになってました。
たぶん500くらい行ったんじゃなかろうか?

そして、数書いたから感想人レベルが上がったかというと、そんなことも無く。
結局チェックするのは、「面白かったかどうか」の一点。
そこにぶら下がる「理由」がいくつか。

それらの情報を、なるべく分かりやすい文章で相手に伝えよう、と頑張るのみ。

で、最近企画のときに採用してる『リアルタイム感想』が、一番性にあうなぁと思ってます。
(読みながら、気になったセンテンスを抜粋して、そこに一言ツッコミを入れていく……)

読み終わった後、そのツッコミをざっと見直すと、物語全体が把握し直せるのです。
読後感は良かったけど、前半のテンポが悪かったかなとか。
書き慣れてない作品だったけど、この一文は光ってたなとか。

そういう情報をざっくりまとめて。
どんな作品にも、必ず自分に無いもの、盗みたいものはあるので、そこらも伝えて。
もしイメージが膨らんだら「自分ならこのシーンをこうする」的なプチアイデアも添えて。

完全に主観だし、それでいいと思ってるので、他の方とズレたとしても関係無しです。

時には酷評もしちゃう!
もちろん、言い方には気をつけて、真意が伝わるように……。

酷評も自分の素直な気持ちなので、作者さんが「なにくそ!」と奮起してくれたらいいなと思います。
そこでショック受けたり、くじけたとしても、ゴメンナサイです。
プロ作家さんの名作だって、全部が全部大絶賛なんてありえないですし、そういう人もいるんだなと受け止めてもらうしかない……。

もらった意見をどうするかは、もう作者さんにお任せですからね。
自分には必要無いと思ったら、捨ててもらってケッコウですし。
ただ、自分は全力で感想を書きました、どうぞ受け取ってください、というだけの自己満足作業です。

※酷評って、もらうとショックだけど、書く側もけっこうしんどいのですよ……。
書いた言葉は自分にも刺さるから。orz

ま、そんな感じで、自分に素直に楽しく、時に厳しく感想を書くようにしてます。
一番嬉しいのは、自分の感想を真剣に受け止めてくれる&指摘した箇所を改善した次回作を読んだときですね。
もちろん自分も同じことをされて、次回作では問題解決すべく挑戦して……。

そーやって切磋琢磨してきた相手には、強烈な仲間意識を感じます。
(特に愉快なZ子さんを始め、掌編系……卒業してしまった方も居ますが、もらった感想は大事な宝物だよっ!)

とにかく、感想を書いてもらってのやり取りで、自分が物凄く成長できたことはマチガイナイ。
感想(酷評)は怖がらず、全部受け止めて自分の糧にしちまうが吉、と思います。

長くなりましたが、感想談義はこれにて終了☆


人気ブログランキング 小説(その他)部門へ投票・一日一回 にほんブログ村 小説ブログへ投票・一日一回にほんブログ村
(↑ブログランキングに登録してみました。更新ガンバルぞー。クリック歓迎♪)

テーマ:物書きのひとりごと - ジャンル:小説・文学

[2010/05/12 02:00 ] | 小説に対する思ひ | コメント(6) | トラックバック(0)
<<裸祭り終了! 次の目標へゴー・レイエツ! | ホーム | 気分はもう下読み(←あくまで気分です)>>
コメント
こんばんはー。夜分遅く失礼します。

なるほど……AQUAさんもラ研に漂着するまでにいろいろあったんですね……。

本記事で、様々な疑問点が氷解していきました。AQUAさんの実像に、かなり焦点が合ってきた感じがします。

先日の夢の中、アンジェラ・アキ似の昔の知人が、カラオケBOXで原稿を片手に熱弁していました。

なんでマイクじゃなくて紙なんだろ?とかなんとか考えてるうちに目が覚めてしまいましたが、多分アレはAQUAさんだったのでしょう。
私の邪気眼も、まだまだ捨てたモンじゃありませんね。

長々と駄文乱文失礼しました。あしからず。
[2010/05/12 03:49] | URL | ただのすけ #HS4X580s [ 編集 ]
ども、下手な感想しか書けないZ子です。

某企画終了までロムってようと思ったのですが、AQUA様の「感想への熱い想い」に胸を打たれ――あと召喚フラグが立ってたようなのでw――来てしまいました。

思い返せば、私も一年程前から某ハダカ作法研究所(裸研)に投稿を始めました。
お互いに切磋琢磨してきた仲間……と、私も僭越ながら感じています。光栄です。とても嬉しいです。

ということで、今回は私の「堅苦しい部分」を取っ払って、AQUA様に少し歩み寄りたいと思います。
私は、文章こそ失礼な内容を書いておりますが(ォィ、常に皆様を「~様」で呼んできました。
そこから生じる距離感を、ほんのちょこっとだけ縮めてみます。

「あ……AQUAさんっ!」

ええ、気分はもうすっかり初恋ですw あ、今ドキッとしましたね?(するかっ!
……すみません、駄文を長々と(汗
AQUAさんには感想制覇の予定があると思いますので、とりあえずこのへんで。
今度、時間があったら創作談義でもしましょう。
ではまた。
[2010/05/12 10:59] | URL | Z子 #hPXBCqAI [ 編集 ]
ガンバの冒険なつかしいですねぇ。
小学校の時にシリーズが学級文庫にあって一人読破したのを覚えてます。古いのか自分の回りに話題にできる人が一人もいないのがつらいところです。

読むだけ読んでそれで終わらせてる私は大罪を犯しているのは結構自覚しています。普段からヒマツブシや精神安定の御世話になっている以上、感想を書くのが礼儀として当たり前なんですよね。一言でもいいから何かしろ残さなくては…
[2010/05/12 11:46] | URL | ats #aU.MCPes [ 編集 ]
>ただのすけさん

どもどもです!
いつも応援ありがとでした☆

ホント、かなり漂流教室な感じで裸研さんに辿り着きましたよ。
それまでラノベってほとんど読んだこと無かったですし。
(少女小説として、コバルト系はガシガシ読んでましたが……)

ふっ……さすが邪気眼モチのただのす毛さん。
ついに召喚されてしまったのだな。
原稿ソードとメガネビームで戦うあの魔獣を……。(←こんなチュウニどーです?)
[2010/05/14 20:14] | URL | AQUA #5DStX.T2 [ 編集 ]
>Z子さん

ふっ……ついに召喚しちまったぜ。
あの『悪魔のZ子』をなっ!(←チュウニ+何かのパクリ)

っと、コンバンハ☆
この一年、いろいろありましたわねぇ。
Z子さんはすっかり腐れキャラを確立されたし、アタイはヒモパンデビューで真っ赤っかだしw
月一作以上のペースで掌編出してたんだもんなぁ。
今となっては……掌編書けない病。orz

> 「あ……AQUAさんっ!」

ズキュゥゥゥンッ!

……もう遠慮しないであくあたん、とでも呼んでくださいw
[2010/05/14 20:23] | URL | AQUA #5DStX.T2 [ 編集 ]
>atsさん

どもどもっ。
ガンバ、自分の小学生時代ベストワンなんですよねっ。
特に「カワウソの物語」とか、何回読んだか分かりませんわ。
ゆたかな流れの歌「つかれしはらからよいこえこのきしべに」とか覚えちゃったし、エピソード思い出すだけで「ウキクサたん……」「野犬怖いぉ……」「なかま!」とかなって涙が(以下略

感想については、過去の自分もかなりの罪人ですよ。
せめて拍手ボタンくらい押してあげれば良かったなぁ。
感想メモって書評ブログにアップするとか……(もちろん相手先の許可とらねばですが)
今となっては、書くだけで手いっぱいだもんなぁ。

……どーしてこーなった。orz (←自業自得)
[2010/05/14 20:33] | URL | AQUA #5DStX.T2 [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://aqstory.blog85.fc2.com/tb.php/223-909378ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。