スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
短編にも弊害はある……
◆『砂漠に降る花』(王道恋愛ファンタジー・異世界召喚モノ)本日分更新完了。
第三章 閑話3 ~名探偵クロル君の休息(1)~→クロル君の休息……と言っても、推理の補足説明のオンパレードです。どーもすみません。

 * * *

※現在、7/2早朝です。またもや一日ズレ日記。

ここ二日ほど、9時~3時に睡眠を取るという、すばらしく健康的な生活です。
エコナちゃんという極端な健康オタク少女の話を思いついてしまいました。
そーいや、まだ江古田ちゃん(漫画)読んでないや……今月後半には絶対漫画喫茶行ってやるぅぅぅぅ。

今日のテーマですが、またもや個人的なお悩み吐露。トロ。ロト。ロトシックス。シックスセンス。センスオブワンダー。ワンダラーツーダラー淫……ノンノンノン!

そんな感じで、急速に変わっていった自分の創作活動を、走馬灯……いや、ダイジェストで並べますと。

いきなり長編にトライ。
長編への逃げから、短編へ。
短編で、公募を意識。
公募で、文字数制限の壁へ。
その壁を乗り越えるべく、1P掌編へ。
最後は、2行小説(小粋なジョーク)へ。

そんな遍歴を辿った、愚かな人間の末路とは……?


 『長い文章が書けない』


どうやら自分、微妙な描写とかエピソードを、ザックザック削る癖がついてしまったようです。
ストーリーを膨らませようとしても、

「あれもイラン、これもイラン、もっとイランもっともっとイラン~♪」

となってしまいます。

これも愛、あれも愛、たぶん愛、きっと愛……と、文字数削るのに苦労したあの頃(先週)から、完全逆転。

削りまくると、スッキリはするんだけど、ただあらすじを追っかけてるだけになっちまうのです。
(アイデア勝負のSF短編とか、まさにそんな感じだけどね)

とくに長編の方は、その弊害の結果、ますます厳しいことに。
大体一話3000~5000字でアップしてるんだけど、毎回すんごいいっぱい書いては削りで……もうゲッソリ。
いろんな遊びの部分が、無駄な描写に見えてきちゃってねー。

主人公が挙動不審な行動取ったりして、話が無駄に長くなったり、オカシナ広がりをみせるのは避けられるけど、『書いてる楽しみ』も減っちゃう気がする。


小説書きのコツとかけまして。

混迷する日本の財政ととく。

そのココロは?


 『削る&増やすのバランスが大切です!』


いやー、小説って、本当に奥が深いですねー。

では、おやすみなさい。(←二度寝?)


◆『アルファポリス』さんのblogカテゴリに登録してみました。

(↑1日1クリックしていただけると、このアホネタ駄文も筆が乗るかも?)

テーマ:物書きのひとりごと - ジャンル:小説・文学

[2009/07/01 23:10 ] | 小説書くときの悩み | コメント(0) | トラックバック(0)
<<短編新作(?)書きました……が。 | ホーム | ミステリ大賞、審査スタート!>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://aqstory.blog85.fc2.com/tb.php/79-8f8bcc0f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。